ジェルネイルはネイルブームの火付け役とも言われているほど、多くの女性を魅了しているネイルです。

ジェルネイルは爪の長さがなくても自爪に塗るだけで美しいネイルになれます。またぷっくりした仕上がりは可愛く、デザインやカラーバリエーションも豊富なので色々なネイルを楽しむことができるでしょう。

しかしジェルネイルは数あるネイルの中でも最もトラブルを起こしやすいと言われるほど。

ここではジェルネイルによって引き起こすトラブルについて紹介しましょう。

ジェルネイルでどうして自爪が弱くなってしまうの?

 

ジェルネイルを頻繁に行っているとジェルネイルをつけている自爪が弱くなってしまうことがあります。ではなぜ自爪は弱くなってしまうのでしょうか?

まずジェルネイルを頻繁に変えることで爪に負担がかかってしまうケースがあります。またジェルネイルを無矢理オフしてしまったり、ファイルを使ってあやまったジェルネイルのオフの仕方をしていたりする場合もあります。

ファイルを使用してジェルネイルをオフするのはよくありません。

アセトン重視でオフしていくとよいでしょう。またジェルネイルを落とした後はしっかりと保湿を心がけて下さい。ネイルをオフした後はいつも以上に乾燥してしまいます。

この時にしっかりと保湿をしなければ美しい手先を維持することはできないでしょう。

 

 

自爪に優しいネイルオフのやり方とは?!

 

ジェルネイルはかわいく持ちがよいネイルとして人気がありますが、爪に負担がかかるというのも事実です。

できるだけ爪への負担を最小限に抑えつつネイルオフをしたいですね。ネイルオフの簡単は特に難しいことはありません。

リムーバーを浸したコットンをネイルの上にまいて、その上からアルミホイルを巻いてしっかりと馴染ませます。アルミホイルを巻くことでリムーバーが蒸発するのを防ぎます

また温めることでジェルが剥がれやすくなります。

ジェルが浮いてふやけてきたらオレンジウッドスティックで少しずつそぎ落としていきましょう。