ジェルネイル イメージ

 

人気のネイルメニューといえばジェルネイルです。

 

ジェルネイルはキットなども販売されているので自宅でも簡単に行えますが、やはり出来上がりの良さを考えるとネイルサロンで施術してもらうのがおすすめです。ジェルネイルは爪のエクステンションの1つであり、着け方は自分の爪の上にジェルを乗せていきます。

ジェルを乗せたら、専用のUVランプでジェルを硬化させれば出来上がりです。

ジェルネイルは爪の補強、矯正としての効果も高く、長さを出すこともできるのでおすすめです。

 

まずジェルネイルをする際には甘皮の処理をしていきましょう。甘皮を処理してから爪の表面を少し削って、つるつるからザラザラの状態にします。

この爪の表面をザラザラにすることでジェルと爪の密着度が高まるのです。

 

しかしジェルネイルと一言でいっても、メーカーによって様々な種類があります。

ジェルの種類によっては爪を削る必要がないものや爪への負担を防げるタイプのジェルネイルも販売されています。

 

ジェルネイルを付ける時には、爪の先にフォームをつけて長さを決定します。

このフォームには目盛がついていますのでその目盛を基準として決めていくとよいでしょう。長さが決まったら、ジェルを爪の形に合わせて整えながら塗布します。この時にジェルが垂れないように気を付けなければなりません。

ジェルを塗ったらランプに当てて固める作業を行います。

この作業は何度か繰り返すことで凝ったデザインを作ることができるのです。